安全に関する注意事項

つくばチャレンジは、地区の警察(つくば中央警察署)より道路使用許可を得て実施する、公道におけるロボットの走行実験である。道路使用については、「安全には特に注意を払い、危険が発生しない状況を確保すること」が必要条件となる。

自律走行の技術が確立していない実験時においても、一般の人々を危険にさらしたり、迷惑を掛けることは避けなければならない。市民や関係者の安全を確保し、理解を得るために、各種の遵守事項を定めている。これらの遵守事項を満たしたロボットのみに、動力走行を許可する。

なお、ロボットの「自律走行」に限らず、「マニュアル走行」(リモコンによる動力走行)においても、遵守事項を満たさないロボットによる実験や、実験走行日と本走行日以外の動力走行は行わないこと。一方、ロボットを用いない計測(データ取得)や、手押し台車に載せた運搬による実験などは、動力走行ではないため実験走行日と本走行日以外にも行うことはできる。ただしこの場合も、一般の人々の安全確保には十分に注意すること。

安全チェック

ロボットの構成や機能の危険性をチームメンバー以外の目で見て指摘するために、「安全チェック」を設ける。安全チェックでは、ロボットが遵守事項を満たしているかを確認する。

  • ロボット仕様条件などの各種の遵守事項に従うこと
  • 実験走行日ごとに、毎回安全チェックを受けること
  • 担当委員が、遵守事項を満たしているか判定する
  • 安全チェックを認定されたロボットのみが、動力走行(自律走行/マニュアル走行)を行える

確認走行

自律走行性能の低いロボットが街区を走行し、一般の人々に迷惑や危険を及ぼす恐れを回避するために、「確認走行」を設ける。確認走行では、ロボットが基本的な自律走行性能を保有していることをチェックする。

  • 課題コースの最初の部分に確認走行区間を設け、この区間の自律走行(確認走行)を達成したロボットのみが、その先での自律走行を行える
  • 実験走行日に申請することで、確認走行を実施できる
  • 随走委員が付き、確認走行の達成を判定する
  • 確認走行達成の認定を受ければ、以降の実験走行日に改めて確認走行を行う必要はない

安全管理責任者

安全管理の責任を明確にするため、ロボットごとに「安全管理責任者」と「オペレータ」を定める。チームメンバーから、担当者を決めること。

  • 安全管理責任者は、ロボットを操作するオペレータとは別に、安全管理業務に専念する役割を負う(安全管理責任者を設けることによって、警察署から実験の許可を得ている)
  • ロボットの走行に随行し、ロボットの動作を監視するのではなく、周囲の環境に気を配って安全を確保する
  • ロボットの動作確認等のオペレーションには参加しない
  • 写真や動画の撮影係を兼任することは禁止
  • 必要に応じて、ロボットに先行して歩くことが望ましい
  • 一般の通行人(歩行者や自転車など)に注意を喚起して、ロボットの存在に気付くよう、「移動ロボットの実験中です」などと声掛けを行う
  • 通行人の進路を無理に変更してもらうことは禁止
  • 事務局から貸与される安全ベスト、腕章、帽子(赤色)を着用すること
  • 事務局と緊急連絡が可能なように、携帯電話を持参すること
  • 安全管理責任者とオペレータの氏名を、実験走行日ごとに申告すること
  • 安全管理責任者は、実行委員会から安全管理の責任を委任された担当者と見なされる

チームメンバーの随行

  • ロボットを走行させる際は、オペレータと安全管理責任者の計2名が随行すること
  • 一般の通行人の迷惑となることを避けるため、大人数でロボットを取り囲んで随行しないこと
    • 複数人で横に広がらないこと
    • 目安として2~3人以上は半径 5 m 以内程度に入らないこと

横断歩道の走行

  • 横断歩道では、車道の自動車などに注意を払い、特に安全確保に努めること
  • 交通の妨げとならないよう、委員の指示に従うこと
  • 走行手順については、課題を参照

走行場所

  • ロボットの走行場所は、課題コースの範囲(道路使用許可の範囲)のみとし、それ以外の場所は走行しないこと
  • 横断歩道を除き、歩道と車道の境界からは、目安として 1 m 以上離れて走行すること
  • ロボットが誤動作した場合の事故を予防するため、落下の危険があるコース外の階段や橋の欄干には接近しないように制御し、目安として 1 m 以上離れて走行すること
  • ガラスのドアや壁からは、目安として 1 m 以上離れて走行すること
    必要に応じて、ガラスの自動ドアなどにはクッション材を貼る措置をとる