つくばでの実機実験(実験走行、本走行)の実施可否の判断基準について

つくばでの実機実験(実験走行、本走行)の実施可否の判断基準を、以下のように定めました。

  • つくばでの実機実験の10日前までに、実施可否の最初の判断を行う
  • つくばでの実機実験当日に、「茨城県を対象とした国の緊急事態宣言」および「茨城県独自の非常事態宣言」が発令されておらず、茨城県の判断指標「茨城版コロナNext(対策指針)」が Stage 3 以下の場合に、該当日の実機実験を実施する(この条件を満たさない場合には、つくばでの実機実験を中止する)
  • 一度中止と判断した実機実験日に対しては、判断を以降変更しない
  • 10日前の時点で実施予定と判断した実機実験日に対しても、その後の状況によって中止とする場合がある

茨城県の判断指標「茨城版コロナNext(対策指針)」の状況は、以下の Web ページで確認できます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報/茨城県
https://www.pref.ibaraki.jp/1saigai/2019-ncov/

次回 10/9(土) の実験走行に対しては、10日前の 9/29(水) までに実施可否の最初の判断を行います。その後の実験走行や本走行に対しても、上記の基準に基づいて実施可否を判断します。